シングルマザーの出会い、良い相手を見つけるためのコツ

婚活コラム
この記事は約5分で読めます。

シングルマザーが出会いがないと感じる理由

時間に余裕がない

一日の中で自分の時間を作る暇がないほど、仕事や家事・育児に忙しいシングルマザー。自分の時間が少しでもできたら、寝て体を休めたいと思う人がほとんどと言われています。

特に乳幼児の子育てをしながら働いている人は日々の生活で精一杯で、恋愛に時間を割く余裕がないのです。

子供が小学校に上がるまでは子育てと仕事に専念して、時間に余裕ができてから出会いを探すなど、期限を決めて今やるべきことに集中するのも一つの手段と言えるでしょう。

金銭的に厳しい

合コンや婚活パーティーなどの出会いの場に行くためには、パーティーの費用や美容院代、洋服代などのお金がかかります。生活費や子供にかかるお金で精一杯、というシングルマザーが多くいることも、出会いの場から足が遠のいてしまう理由の一つです。

子供がいる女性を恋愛対象としていない男性が多い

男性が初婚の場合、子供がいることが理由でシングルマザーが恋愛対象から外される場合があります。相手がバツイチ男性の場合、子供がいても問題ないという人もいるので、理解のある人を探すことが大切です。

自然な出会いの場と、恋に発展するきっかけはどこにある?


職場の同僚や同窓会で久々に再会した同級生など、恋愛相手を探す目的ではない場所での出会いのことを「自然な出会い」と呼びます。その中でも、日中一緒に過ごす時間が長い、職場の同僚や上司と恋愛関係に発展するケースがよく見られます。

親睦を深めるための飲み会の席や、レクリエーションなどの行事に積極的に参加して、相手との距離を縮めましょう。同じ職場でなくても、同じビルでよく顔を合わせる人や取引先の人など、接点が多い人とはなにげない会話もしやすく、連絡先の交換もスムーズにできるのでおすすめです。

友達や知人からの紹介も、自然な出会いとして一般的です。いきなり1対1で会うことに抵抗がある場合は、友達も含めて数人と会うことから始めましょう。近所のよく行くお店の店員さんや、趣味サークルの仲間など、身近にも恋愛に発展するような出会いはあるものです。

いつどこで素敵な人と出会ってもいいように、普段から髪型や服装に気を使うことを忘れないようにしておきましょう。

いまどきの出会いの場!マッチングアプリ


忙しい人におすすめなのが、マッチングアプリを使った婚活です。無料で簡単に始めることができるサイトばかりで、空き時間ができた時にメッセージのやり取りができることが最大の魅力です。

再婚の人向けのマッチングアプリもあるので、子供がいても問題ないと考えている人と出会う確率が上がります。その中でもシングルマザーにおすすめのサイトは、「マリッシュ」と「エキサイト婚活」です。

マリッシュ」は、登録にもメール送信にもお金がかからない上に、バツイチや子供がいることに理解がある人と多く出会うことができます。

再婚を応援したいと考えている、シングルマザーに理解がある人のプロフィールには、リボンのマークが付いているので、細かいプロフィールまで見なくても相手を絞ることができる便利さが魅力です。リボンは有料ですから、購入された男性の本気度が伝わってきます。
マリッシュ リボン
それとサイト内でビデオ通話や電話ができるので、連絡先を交換する前に相手がどんな人なのか、より知ることができるのもマリッシュ独自のサービスです。

エキサイト婚活」は20年の実績があるサイトで、子供がいることを気にしない人だけを検索することができることから、理想の相手が見つかりやすい、しかも効率的にというメリットがあります。

それ以外にも相手に求める条件も細かく設定できることもポイント。メールの送信は有料ですが、登録にはお金がかからないので、どんな人がいるのか実際登録して試してみると良いでしょう。

マッチングアプリで何よりも大事なのが、プロフィール写真です。第一印象を決める大事なポイントなので、相手に良い印象を持ってもらえるような写真を載せることがとても大切。

加工アプリで自分の顔を加工しすぎることは、写真と実際会った時のギャップが生まれてしまうので注意が必要です。男性に好感をもたれやすい、笑顔の写真を載せると良いでしょう。

プロフィール写真を複数載せることができるアプリの場合は、自分の趣味の写真などを載せると同じ趣味の人が見つかりやすく、会話が弾むのでおすすめです。

自分の情報を選択する項目は、喫煙するかどうかなど「はい」か「いいえ」で答えられるものがほとんどなので、できる限りすべて埋めてください。

自己紹介文では、文の冒頭にシングルマザーであることと、理解がある人を探していることを書きましょう。隠しておきたいことほど最初に伝えておくほうが良いです。子供の年齢や性別を書いておくと、相手もイメージしやすくなります。

条件が合う相手が見つかって、お互いにいい印象を持ったらメッセージのやり取りが始まります。相手からの質問にただ答えるだけでなく、適度にこちらからも質問を投げかけて、上手に会話のキャッチボールをしましょう。

日々の生活の愚痴など、ネガティブなことを発言するのは控えて、自分の理想の家庭像など前向きなことを伝えるのが大切です。

 

まとめ


失敗をしない完璧な人間などいませんよね?失敗の種類は人それぞれですが、結婚もその中のひとつにすぎないのです。失敗で躓いてもまたやり直せるように、結婚もやり直すことはできます。

シングルマザーだからといって、幸せな夫婦生活を諦める必要は全くありません。自分に合う男性は必ず存在し、幸福になる権利もありますから、これから素敵な出会いを探しにいきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました