スタッフのご紹介

あねご主席解説員
あねご婚活主任
婚活サービスに精通した頼れる婚活解説員。
自身も長い婚活期間を経たのち結婚。その歯に衣着せぬ物言いで誤解されることも少なくない。
だがそれは婚活で辛酸を舐めた自分のようになってほしくないという思いからなのである。
ファイナンシャルプランナー(AFP認定者)の資格保持者でもあり、婚活業者を費用対効果の視点からも厳しく吟味している。

若葉解説員

若葉解説員
結婚に憧れを抱く見習い解説員。
そのこともあり、公私混同も否めないが婚活サービスの比較研究に余念がない。
上司のあねご主任の激しい口ぶりに戸惑いを覚えながらも、熱い情熱と的確な分析力には一目置いている。

広大なオンライン社会の中には運命の人がいる

若葉と申します。一緒に頑張りましょう!
出逢いのきっかけのナンバー1はダントツで「職場」です。職場に異性が少ない場合でも、昔はおせっかいなご近所さんからの紹介も期待できました。ですが人間関係が希薄になりつつある現代においてそれを期待することは困難です。

ですが逆にIT社会の発展によってオンラインから一生のパートナーに出逢うチャンスは飛躍的に増えました。いまの状況でいつ来るかわからない出逢いを待つのではなく、運命の赤い糸を自分でたぐり寄せることがネットからできるのです。

晩婚化とネット婚活が適齢期を撤廃させた

はい、あねご主任よ。よろしくね!
年齢を気にして婚活をためらったり、諦めてしまうのは「もったいない」としか言いようがないわ。町の結婚相談所なら年齢によって断られることがあるかもだけど、ネット婚活なら年齢制限って無いし。

試しに会員検索を無料で体験できる婚活サイトで会員プロフィールを調べてみて。30代、40代はおろかそれ以上の方も普通に登録しているから。
“結婚したいときが適齢期”間違いなくそう断言できるわよ。

急いで結婚する必要はない。結婚は果物と違って、いくら遅くても季節はずれになることはない。
トルストイ(ロシア)

 

婚活をやめると結婚できるには理由があった

婚活に疲れて結婚を諦めたらその後結婚できたという話をよく聞きます。以前取材した結婚相談所のアドバイザーさんからは、縁がなくて退所された方でも婚活をしたことで婚活力がUPしたから、と教えてもらえましたが、それ以外の理由もありそうです。

ひとつは「結婚しなければ」というプレッシャーから解放されて、気持ちに余裕ができたからというものです。

気持ちに余裕が生まれると、本来一個一個の出会いは貴重でありがたいものということがわかり、親しみやすい雰囲気で相手に接する事ができるようになるのです。

「結婚はもちろん、相手選びも間違えられない」という思いが強すぎて品定めのように接するのとでは、相手から受ける印象は天と地との差があります。

ふたつ目は婚活を諦めて一人で生きていく決意が、人を自立させるというものです。

男性なら奥さんにしてもらうはずであった家事全般を自分でこなす能力を身に付けることで、家事の大変さを理解し、家事の分担にも快く応じてくれるようになると思われれば、女性の評価はグッと上昇します。

女性も夫に養ってもらうつもりであったのが、一人で生活できるだけの収入を得る経済力を身に付けることで、景気の先行きが不透明なこの時代においてはサラリーマン、経営者問わず自立した女性は魅力的に写ります。

じゃあ婚活を止めないと結婚はできないのかと不安になる方もおられると思いますが、まったく心配いりません。先に挙げた2つのポイントを意識しながら婚活を進めていけば成功しやすくなるということです。

 

タイトルとURLをコピーしました