トップページ

お一人お一人皆それぞれに必ず運命の人はいらっしゃいます。勇気ある一歩を踏み出してみませんか?
情報化が進んだ現代ならではの婚活3タイプをご紹介します。IT社会を有効に活用し、効率よく生涯のパートナーを探しましょう。

IT社会の婚活には3つのタイプがあります

結婚相談所タイプ

専任アドバイザーからの紹介や、精度の高いコンピュータマッチング、カウンセリングなど様々なサービスが受けられるため、忙しい方にもおすすめです。
本気の会員が多いことから成婚率が最も高く、また条件の良い会員が多いのもこのタイプならでは。
入会金10万円程度、月会費1万円台が相場ですが、一生と共に歩む出会いへの投資として考えれば、決して高くはないはずです。 ⇒結婚相談所タイプへ

ネット婚活タイプ

自らPC又は携帯で会員のプロフィールを検索し、メールのやり取りをして婚活を進めるタイプです。アドバイザーを介さないため月会費が数千円程度に抑えられ、それでいて結婚に前向きな男女が集まるというバランスの良さが特長です。
コストパフォーマンスに優れており、なおかつ婚活の雰囲気をつかむこともできることから、婚活初心者の方に最適です。 ⇒ネット婚活タイプへ

婚活パーティータイプ

最初から実物のお相手と向き合えることと、一度にたくさんの異性と出逢えるのが魅力で、婚活を直接肌で感じることができるメリットもあります。
会費は男性が5~6,000円程度、女性は無料~3,000円程度が主流です。
パーティー専門店ならではのノウハウでカップル成立を強力にバックアップしてくれます。
婚活パーティータイプへ

 

スタッフのつぶやき

スタッフ略歴
最新情報やワンポイントアドバイスなどを配信しています。

価値観の定義


2020.07.21

価値観が合わないから交際しない、価値観が合わないから離婚した、という話はよく聞くけど、そもそも価値観って何?
趣味や食事とか、好きなものの一致が価値観と思っている人が多いと思うけど、実は逆。
「嫌いなものが一致」が価値観を考える上で重要なの。
つまり○○に対して嫌な気持ちになるかならないかという基準が一緒か否かということ。
例えば家が汚いのが嫌な人もいれば許せるという人もいるし、浪費するのが嫌な人もいれば、倹約するのが嫌な人もいる、といった感じね。
共感できない点が増えるほど一緒にいるのが苦痛になってしまうわ。
好きな共通点が多いことがキッカケで、その人を好きになる。それはそれでいいこと。
けど、結婚を意識するようになったら、そういった嫌い、苦手な感覚が近いかどうかを必ず確認してみてね。

自粛期間は充電期間


2020.06.07

緊急事態宣言は解除されても婚活業界はまだ完全には元の状態に戻っていないみたいね。
婚活も自粛モードで活動期間に空白が・・なんて焦っている人もいるかもしれないけど、婚活も休業することで自分自身を見つめ直す時間ができた、プレッシャーから解放されて心とからだ両方の余裕が生まれたというプラスの面もあったはず。
十分にリフレッシュができたなら、また新たな気持ちで頑張りましょ!

新しい婚活様式


2020.05.26

緊急事態宣言で外出ができなくなり、現在はリモート婚活が主流となっていますが、リモートは苦手という人も多いみたいですね。
確かに会ってナンボの部分もあるのでわかる気がします。
一方でこの先の見えない状況で誰かと寄り添いたい、心の繋がりが持てる相手がほしいという「夫婦の絆」を求め、新たに結婚したいと思う男女も増えているのだそうです。
外出が自由になる時期が来れば、婚活市場も活発になっていくのではないでしょうか。
今後の動向を注視していきたいと思います。

「絶対」は絶対使わない


2020.05.18

プロフィールの希望欄に“絶対”は使わないほうがいいわよ。
例えば煙草が苦手な人が「絶対煙草を吸わない人」と書いてしまうような。
気持ちはわかるけど自己紹介ページ全体の見映えが悪くなってしまうのよね。
私も煙草NGだったけど、「なるべく煙草を吸わない人」とか「できれば~」と書くようにした。
それで大半の人には伝わるし、印象も全然違ってくる。
たまに愛煙家からメッセージが来たりもしたけどね(爆)
そういった人は無視よ、無視。
空気を読めないか、プロフィールを読んでいないかのどっちかだから。

オンライン婚活はあなどれない


2020.04.20

新型コロナウイルスの影響で婚活パーティーや結婚相談所は軒並み自粛しています。
こんな時こそオンライン婚活です。
フィーリングが合っても直ぐに会うことは難しいですが、逆に時間をいくらかけても相手に迷惑が掛からない状況なので、慎重派の方にも安心ですね。

車には乗らない・乗せない


2020.03.28

女性は年齢に関係なくネットで知り合った男性との初デートで相手の車に乗ってはならないのが鉄則ですが、都心ならともかく地方では難しい場合もあるでしょう。
それでも車が不要な場所(駅に近いカフェ、レストラン等)で待ち合わせるか自分でも車を出すようにして、信用できるまでは決して男性の車に乗らないようにしてください。
断る理由としては、初めて会う男性と車に二人きりでは恥ずかしい、他人の運転だと車酔いしやすい、などと言っておけば角は立ちません。
逆に男性も初顔合わせで送り迎えを提案したり、ドライブに誘わないような配慮が必要です。

会う前にプロフィールとメールを見直す


2020.01.20

ネットを通じて実際に会うことになったときは、デートの直前に相手の登録プロフィールを再確認して出来るだけ頭に叩き込むことと、今に至るまでの会話内容を読み返してから挑んでね。
覚えていてくれたのを喜んでくれるから確実に好感度が上がるし、何よりネット婚活の落とし穴である“他の人との間違い”を回避できるから。
ネット婚活は複数人と同時進行が当り前だから個人情報が錯綜してしまうのはよくあることなんだけど、それが相手に伝わったら即退場レベルなのよね。

ハイスぺ男子はパワーカップル志向?


2019.06.19

とある高学歴男性限定の結婚相談所によると、高学歴の男性が望むのは高学歴の女性だそうです。
少し前までは“若くてかわいい”に需要が集まっていたのですが、そういった女性達は専業主婦を希望していることが多く、先行き不透明な現代においては敬遠されがちです。
むしろ安定した老後を迎えるために共働きをしてほしい、中でも高学歴女性は一流企業に就職しているため、育児系の福利厚生が充実しており子育ての環境にも良いという理由で人気となっているのだそう。

見えないからこそ気を配る


2019.05.25

臭いは特に印象に残りやすいから気を付けたほうがいいわ。
不潔臭は論外として、防虫剤や強い香水なども注意が必要よ。

デートは最後まで気を抜かない


2018.12.13

初対面での別れ際はとても重要です。
もしまた会いたいと思う相手であったら「またね。」だけのようなあっさりしたものではなく、「今度はいつ会えますか。」「今日はありがとう、とっても楽しかったです!」などと気持ちをアピールすることが大切です。
終わりよければすべてよし。
たとえ初デートゆえに緊張してギクシャクしてしまったとしても、こうしたちょっとのことで次に繋がったりするものなのです。

変人も戦略次第で婚活成就


2018.11.04

婚活市場に浮いている、つまり“変な人”は一定数存在するけど、大きく分けて2つのタイプがあるわ。

自分の売り込み方を間違え過ぎて迷走中
素の自分をさらけ出し過ぎて迷走中

前者は早急に見直しが必要になるけど、後者はあえて変えずに突き進むこともひとつの選択肢よ。
リスクはあるけどもし晒した素の自分を受け入れてくれる人がいたら、それはまさに運命の人だから。
でもあくまで戦略のひとつであって、おすすめっていうわけじゃないからね!!

入退会を繰り返すメリット・デメリット


2018.09.12

婚活サイトやアプリは単月で入会と退会を繰り返すのがお勧めというネット記事を読みました。
確かにNEWが付いている新規会員は注目が集まりやすく、プロフィール検索すると上位に表示されるなど目立つ工夫がなされるため、入会したてがアプローチを受けるピークなのです。
何度も入会手続きをする手間や長期コースに比べて割高になるというデメリットはありますが、アプローチが何倍にも跳ね上がるというメリットは魅力的なので実践する価値はあるかもと思いました。
退会直後はすぐには再入会できないところもあるため、他の優良サイト・アプリを渡り歩くことも検討してみましょう。

鉄板の話題とは


2018.07.24

相手の気持ちが間違いなく上がるテーマと言えば「最近幸せに感じた瞬間」ですね。
例えば美味しいスイーツを食べて幸せだったと言われたら、どういったスイーツが好きなのか、どこのお店がお気に入りか等、相手に楽しく話してもらいながら相手の情報を引き出すことができます。
さらに自分のおすすめ店を紹介したり、お互いに行ってみたい店を出し合ったりして、話題が広がって盛り上がること間違いなしです。

価値観は時代によって変わる


2018.05.06

年配の方から婚活サービスは出会い系の延長だから危ない、やめとけと言われた人も少なくないはず。
でも今の時代、婚活して結婚している人がたくさんいるのは紛れもない現実。
時代の変化についてこれない人の意見を聞いても仕方ないわ。
その年配の方々に聞いてみて。
あなた達が若いころは婚前交渉は御法度だったと思うけど、その頃、その教えをちゃんと守っていましたか、と。

夫・妻を選んだ理由


2018.02.14

第1位 性格 52%
第2位 優しさ(思いやり) 46%
第3位 フィーリング 40%
第4位 安心感 36%
※容姿、年収などはランク外
マイナビニュースいい夫婦の日アンケートより

初顔合わせは男性が計画を立てる


2018.01.30

初めてのデートをセッティングする場合は、男性が主導して決めておきたいところです。
そしてプランが完成したらどんなデートをする予定かを前もって伝えておきましょう。
例えば遊園地などたくさん歩くような場所でハイヒールはかわいそうですよね。
それと楽しい食事にするために、男性は必ず事前に相手の好みと苦手な物を聞いておいてください。
逆に女性は前もってそれらを相手に伝えておきましょう。
例えば生魚が苦手な女性を寿司屋へ連れて行ったら最悪ですよね。
ファーストデートが駄目だと次はありません。万全の準備で初デートに臨みましょう。

恥ずかしさは刹那的


2018.01.04

婚活パーティーでカップルになれないと恥ずかしいからと二の足を踏んでいる方に一言。
「婚活パーティーの恥は”かき捨て”」
もし失敗して恥ずかしい思いをしてもその場限り。明日には他の参加者はあなたのことを忘れているわ。
あなたも次の日にはみんなの顔覚えていない。そんなものよ。

自分への印象を良くする方法とは


2017.12.17

“こういった相手はイヤ”というNG項目ばかり書いているプロフィールは見栄えが良くありません。
例えばルーズな人は駄目!長男はお断り!酒・煙草嫌い!ファッションに無頓着な人とは合いません!などといったマイナスのチェック事項ばかり長々と連ねている文章は読み手の印象を悪くします。
自分では適度にハードルを設けたつもりでも、相手からは「上から目線で嫌な人」にしか見られません。
書くこと自体は悪い事ではありませんが、くれぐれもほどほどに。。
逆に「こんなタイプが好き・歓迎!」と好みを前面に押し出すのはOKです。そのタイプに合致する人からのアプローチが期待できます。
好みで絞ることで人数が限られてくるのではと心配になるかもしれませんが、全員に好かれる必要はなく、価値観の近い人を探すのが婚活では重要なのです。

結婚相手への条件はほどほどに


2017.12.10

自分の希望条件を全てクリアする完璧な人物などいません。
自分の中で譲れない条件と歩み寄ってもいい条件をしっかり仕分けしながら婚活を進めていきましょう。

前を向いて生きる


2017.12.01

離婚を経験した場合、新たな出会いにためらう方も多いけど、辛い時間を過ごしたからこそ他の人とは違う優しさを持ち合わせているはず。
過去は過去。現在とは切り離して前へ進むことが大切よ。

寒い時期ならではの熱いデートスポット


2017.11.14

寒くてデートの場所にも悩んでしまう・・というこの季節は「水族館」デートをご提案します。
暖房完備で寒がりさんでも安心ですし、最近は大人のデートを演出するムーディーな造りの水族館も多く、また、冬に海を見ると新鮮な気持ちになるのと一緒で、非日常な世界観を楽しむことができます。
館内は広くて静かなため、まったり散歩にも適しており、二人の距離を縮めてくれること間違いなし!です。
二人の関係が熱いので寒さは気にしないというなら「動物園」もおすすめです。
気温が低いこの時期は動物特有の“糞”の臭いが少なく、オフピークシーズンのため静かに散策できます。
冬ならではのおすすめデートスポット、ぜひお試しあれ♪

冬は人恋しい季節という医学的根拠


2017.10.29

「冬になると人恋しい」というのは気のせいではなく、ちゃんとした根拠があります。
内的要因として、寒さで人肌を求めてしまうことと、日照時間が短くなると心の安定に必要なホルモンの分泌量が減って不安感が増し、無意識のうちに人の優しさを求めてしまうことにあります。
外的要因としては、クリスマス、年越し、バレンタインと恋人関連のイベントが目白押しなことがあります。
まさにこれからの時季が「婚活成就の絶好のチャンス」なのです。

デート3回がボーダーライン


2017.09.25

「食事3回の法則」とは、順調に3回食事デートをすることが出来れば真剣交際に発展する確率が極めて高いというものです。
1回目でこの人とは合わないと直感して終了、1回目では人柄を掴みきれなかったのでとりあえずもう一度会ってみたもののやっぱり合わないと判断して終了、この2つのケースがとても多く、これらの難関を乗り越えて3回目に辿り着いたらカップル成立まであと一歩です。
ただしお互いにまた会いたいという気持ちになっても、次回までの間が空けば空くほど2人の関係性が冷めていってしまうので、1~2週間の間隔で会うことがポイントです。

婚活の意義


2017.09.09

明治安田生活福祉研究所が2016年に発表したデータによると、婚活して結婚できたのは約25%と、一見するとなかなか厳しい数字に見えますが、それとは別に婚活することによって自己が高まり結婚できたという回答も約24%あったことから、実質的に婚活が結婚につながる割合は約50%、つまり2人に1人は婚活してよかったという結果になっています。

流行には敏感に


2017.07.03

女子は流行りのファッションが好きだけど、昨シーズンの流行アイテムが今年は古い、ダサいなんてことはごく当たり前なので、最新トレンドは常にチェックしてね。
例えば去年みんなが履いていた花柄パンツ。でも今年の夏はボタニカル柄がトレンドよ。
二つの違いはわずかだけど、この微妙な差を理解しているかどうかが、イケてる、イケてないの大きな分かれ目になるわ。
他にもレースアップパンプスやガウチョパンツも流行にかげりが見えつつあるから注意してね。

お見合い結婚は長続きしやすい


2017.05.30

自然な出会いで結婚した夫婦とお見合いで結婚した夫婦では、離婚率は約4倍の違いがあるそうです。
実は離婚率が高いのは前者のほう。
理由は諸説ありますが、
自然な出会いからの結婚は、
■“好き”が先行して「恋は盲目」状態になってしまい、結婚相手として相応しいかどうか冷静な判断をする時間がなかった。
■“好き”で結婚したので、愛が冷めたら何も残らない。
その点、婚活で結婚した夫婦は、
■結婚相手として相応しいかお互いに見極め、十分な期間を経てゴールインしている。
■アドバイザーがいるサービスの場合、客観的かつ的確な助言をしてくれる。両親や友人からのアドバイスより先入観や偏見がない。
と言われています。

神社にもテクノロジーの波が


2017.05.01

最近の神社ではひしゃくを置かずセンサーで水が流れる自動手洗い器を設置したり、お賽銭を電子マネーで受け付けるところが出てきました。
時代と言えば時代なのでしょうが、ちょっと複雑な気分。。

相手の金銭感覚がわかる質問


2017.04.17

“金銭感覚が近い”ことは価値観が近いことと同じくらい結婚において重要な要素です。
「最近の一番高い買い物」を聞くことが、お相手の金銭感覚を知る一つの目安になります。

より自然な恋愛に近い婚活とは


2017.03.05

相手と初めて会った場合、
「年収ではなく仕事が充実しているかどうか」
「外見ではなく一緒にいて居心地が良いかどうか」
をチェックすることで、条件だけにとらわれない婚活ができるようになるわよ。

突撃取材


2017.02.12

ツヴァイ八重洲店にアポを取り、現役コンサルタントさんにインタビューしてきました。

相手を深く知るためには最低3回はデートを


2017.01.23

一度会ってみて少しでも興味を惹かれるところがあったら、3回は会ってみることをおすすめします。
初デートは緊張してお互いに自分を出せないまま終わってしまうことがありますが、3回目ともなると慣れて自然に接することができるようになるので、持ち前の良さが見えてくるからです。

カップリング率が上がる女性のファッション


2016.12.13

女性が婚活パーティーに参加する際におすすめなのが、ネックレスやストールなど「目立つ」アクセサリーをワンポイントで身に付けることよ。
“☆☆を身にまとった女性”と相手の記憶に残りやすくなるわ。
ただし、あまり高額なアクセサリーはお金遣いが荒そうとマイナスイメージになってしまうから、大人カワイイ、女性らしいデザインのものをチョイスしてね。
どうしてもブランド品を身に着けたいなら、露骨にロゴが主張しているものではなく、一見してブランド名がわからないものにしてね。

条件はなるべく少なく


2016.10.24

なかなか良い相手が見つからないと思い悩んでいるなら、今一度「譲れない条件」を見直してみてね。
絶対条件と思っている中の1個でも外す“条件緩和”ができれば、交際対象となる候補者が飛躍的に増えるわよ。

婚活女子の定番リップ


2016.09.03

恋に効くと評判のコスメ「婚活リップ」の紹介記事追加しました。

お見合いパーティーの秘技


2016.07.19

お見合いパーティーでの会話の終わりは、
「お話ありがとうございました。楽しかったです。」
が基本。これだけで貴方の好感度がグンと上昇します。
さらに、
「えっ、早い。もう終わり?」「もっと話したかったのに。。」
まで言えたら無双です。
ただしみんなに言ってしまうと効果が落ちてしまうので、特定の狙った人にだけ使うようにしましょう。

男性のお見合いパーティーのファッション


2016.06.07

スーツでお見合いパーティーに参加したら浮かないか悩む男性もいるでしょう。
でも、もし会場入りした時にラフな格好が多い雰囲気だったら、クールビズみたいにネクタイを外してカジュアルダウンすれば問題ないわよ。

帽子はイメージダウン


2016.02.26

帽子を被ってお見合いパーティーに参加している女性をたまに見るけど、マナーとしてNGだし、男性からの印象も良くないわ。
アクセントを付けて目立たせるなら、バレッタやカチューシャみたいなヘアアクセでお洒落をしてね。

再婚したい男女は意外と多い


2016.02.02

婚活は何も初婚の方に限ったことではありません。再婚を目指す方も多く参加されています。
結婚経験者の割合(再婚市場)
全体: 約20%〜30%
40歳以降: 約40%
※2016年1月エンジェル調べ

成功するための評価方法


2016.01.05

良い出会いをみすみす逃すことのないように、相手の短所を見つけてはマイナスする減点方式よりも、相手の長所を見つけてプラスしていく【加点方式】がおすすめです。

同じ想いを共有できるお見合いパーティー


2015.12.02

「なぜ自分ばかり良い人に巡り合えないのだろう。」と悩んでいる方は、お見合いパーティーのエントリーをおすすめしたいわね。
参加したからといって必ずカップルになれるとはいえないけど、会場にいる人全員が自分と同じ境遇にあることは実感できるわ。
悩んでいるのは自分だけではない、同じように悩みながら頑張っている人達と一緒の時間を共有するだけでも得られるものはあるはずよ。

効率で選ぶなら婚活サイト


2015.11.11

忙しくて相手探しする時間がないという人には、スマホからもアクセスできる婚活サイトがおすすめ。
ランチを待つ間や電車での移動時間、トイレタイムなど、ちょっとした細切れの時間をうまく使うことでも活動は十分可能よ。
「時間は作るもの」だから。

緊張したら試してほしいこと


2015.10.10

初対面で緊張するのは当たり前のこと。
深呼吸する、ゆっくり落ち着いて話す、聞き役に徹する、などいろいろ手はありますが、とどのつまり、
「緊張しています。」
と素直に伝えればいいのです。

メッセージと顔文字


2015.08.23

メッセージのやり取りで顔文字を使うのはアリなのか?アリです。むしろ使うべきです。お堅いビジネスメールではないのですから。
適度の顔文字は相手に好意的であることを示し、2人の距離を縮めるお手伝いをしてくれます。
ただ男性の場合は使いすぎると逆効果になりかねませんので、最大でも2つぐらいに留めておいたほうが無難です。

婚活という戦場に赴くための女子に捧ぐ


2015.08.01

出会いの場では常に勝負メイクで挑みましょう。
コンシーラーで肌の気になる部分を目立たなく。
テカリ防止にパウダーファンデーション。紫外線対策にも効果あり。
明るめのアイシャドウ(ゴールド系かピンク系)で目元を明るく目力アップ。
口紅はエスティローダー1番の婚活リップか3番の恋愛必勝リップで験担ぎ。
バッチリ決めて、いざ出陣!

アメリカで流行るものは日本でも流行る


2015.07.19

いまアメリカではインターネットでの出会いが注目されているそうです。
2013年のデータによると、結婚したカップルの3組に1組はネットサービスで知り合ったということです。その代表がマッチ・ドットコムです。

七夕に思いを込めて・・


2015.07.07

今日は七夕ですね。でも残念ながら全国的に曇りがち。。。
小さい時に聞いた1年に1度しか会えない彦星と織姫の話は、子供心にかわいそうと思ったものです。
ところでこのお二人、恋人同士ではなく、夫婦なのですよ。思い違いをされていた方も多いのでは。
ですから七夕物語は恋愛成就というより、どんな状況になっても離縁することがないという夫婦円満のお話なのです。
いずれにせよ素敵なお話ですよね。

自然な出会いとの違いは最初だけ


2015.06.23

婚活サービスでの出会いに抵抗がある方も少なくありませんが、良い人に出会えたならばそこから先は自然な出会いと何も変わらない恋愛のスタートです。
最終目標を結婚とすると、そこにいたるには皆同じように恋愛を経てから結婚ということになります。
つまり恋愛結婚とプロセスは一緒ということなのです。

女性も積極性が大事


2015.05.24

草食系男子だって本当は恋愛したいと思っているわ。ただフラれるのが怖いだけ。
意中の相手が草食系だったら告白を待ってもムダだから、自分からアグレッシブにいかないと他の肉食系女子に狩られちゃうわよ。

婚活市場は掘り出し物が盛り沢山


2015.05.13

「婚活したってどうせたいした人いないんでしょ?」
と思っている方も少なくありません。
ですが絶対この人モテるでしょう、なんでこんな人が・・といった方も、婚活市場には間違いなく存在します。
職場に異性がいない、忙しくて探す時間がない、など出会いに恵まれていないケースが多々あるからです。

婚活は焦らずじっくりと


2015.04.20

お見合いパーティーに参加したけれども好みの異性に出会えなかった、ということはよくあることです。
そのようなことがあっても不思議ではないしごく当たり前の出来事です。
何度も積極的に参加しているうちに気の合う異性と出会えるものなのです。
焦らず大らかに構えることが大切です。

お見合いパーティーに相応しい服装とは


2015.03.23

お見合いパーティーの服装に悩む方は、やっぱり多いです。
実は清潔感さえ心掛けていればそんなに神経質になることもないのですが、どうしてもイメージが湧かないというなら、
「お付き合いがスタートして初めてのデート」
というシチュエーションで選んでみるのが一つの目安となります。

返事はなるはやで


2015.02.01

せっかくメッセージをもらったのに返事をするのが遅くなってしまい、やり取りができなくなった、という話をよく聞きます。
メッセージをもらったらできれば当日、遅くても翌日中に返事をするようにしましょう。

結婚相談所の勧誘に対抗する手段


2015.01.13

結婚相談所の説明会がいくら無料といっても躊躇する原因のひとつが、強引な勧誘を受けるかも・・という不安があるからじゃないかしら。
確かに一昔前は問題になった会社もあったけど、今はそんなことをしたらすぐネットで叩かれたり、消費生活センターに駆け込まれちゃうから、まともな会社なら心配ないと思うわ。
でも万が一勧誘をしつこくされてしまったら、
「これから予定があるので。」
と、退散してね。
ウソをつくのに自信がない・・というなら、
“本当に前もって予定を作ってしまう”
という手もあるわよ。

婚活は繁忙期を迎えています


2014.12.28

いよいよ年の瀬ですね。年末年始休暇で結婚相談所やお見合いパーティーはお休みのところが多いのですが、インターネットをたくさん利用するという方は増えますので、婚活サイトはいま特に活気に溢れる時期なのです。
この時期からスタートするという方も多いですよ。

TVのお見合い企画に感動した


2014.12.18

昨日放送のナイナイお見合い大作戦・種子島編の告白タイムで、男性からの「お願いします!」に対し、女性が「幸せにしてください!」と快諾したのにジーンときちゃいました。
男性側の「一生守っていきます。」「あなたに会えた事、幸せに思います。」という言葉もよかったですね~。メモメモ…。

素の自分を見せるのは付き合ってから


2014.12.11

たまに自分の素のままを見てほしいから身だしなみや挨拶には特に気をつけない、という人がいるけど、第一印象で興味を引いてもらえないと中身まで見てもらえないわ。
基本的なことを疎かにしないことが最低限必要よ。

一緒に歩くときのマナー


2014.11.06

とあるアンケートサイトの調査によると、”恋人と歩くときどちらを選ぶ”の男性の回答の4割が『車道側を選ぶ』とのことでした。半数近くの方が女性への配慮を意識しているんですね。
恋人でなくとも女性とデートするときに、さりげなく車道側を選べるようになれば好感度も上がるかもしれませんよ。
ちなみに私は出来ていませんでした。反省、反省です。。

プロフィールは自分を売り込む最大の武器


2014.11.04

プロフィールを公開したあと長い間そのままにしていませんか?
ほんのちょっと見直すだけでも、劇的に好感の持てるプロフィールに変わることがあります。
アプローチがなかなか来ない・・、とお悩みの方は、今一度内容を見直してみましょう。

経験が人を成長させる


2014.10.27

たくさんの人にアプローチしていくことで、理想の相手像の「軸」がわかった、という方も多いわ。
婚活を進めながら学んでいくことはたくさんあるもの。少しでも興味を持った相手がいたら積極的にコンタクトを試みて、婚活経験値を増やしましょう!

条件より価値観


2014.10.14

婚活はとかく条件を優先してしまいがちですが、大事なのはやはり“価値観が同じこと”。
同じことに笑う、泣く、怒る、ができるという『ツボ』が同じ人が理想なのではないでしょうか。それは数値では測れません。
あまり厳しい条件を設けずにお相手を探していくことが、理想のオンリーワンを見つける足掛かりとなるのです。

アウトドア婚活のメリット


2014.09.17

アウトドアでのお見合いパーティーも有意義なものですよ。例えばバーベキューなんかですと、和気あいあいとしながらもその人の手際の良さや他の参加者への気配りの仕方などをチェックすることができます。
これからの時期はそのようなイベントを企画したパーティーが増えてくるのでチェックしてみましょう!

好きのストライクゾーンは広めに


2014.08.12

どんな条件の人であっても会ってみたら印象が良かった、なんてよくあること。だから自分が相手に求める条件はあまり狭くしないことが鉄則よ。

婚活サイトのメリット


2014.07.21

婚活サイトを利用するメリットは、誰にも知られずに婚活ができる点にあります。
結婚願望はあるけど、気軽に口に出せない人も多いはず。でもサイトを利用すれば誰にもバレずにこっそり活動ができてしまうのです。

理想に固執しない


2014.06.25

誰しも理想の相手を思い描きながら婚活をしていると思うけど、それはあくまで自分の頭の中で作り上げたもの。
実際に会ったときに“この部分が違うからやめよう”と安易に切り捨ててしまうと、本当は自分に合った人でも見過ごしかねないわ。理想と現実を擦り合わせながら活動をしていくことが大切よ。

出会いの入り口へのこだわりを捨てる


2014.06.17

お見合いパーティーなんて…と言う人もいますが、出会いはどのような始まりでも恋愛になることは可能なのです。
お見合いパーティーは行動的ではない人や婚活をどうしたらいいのかわからない、という人にもいい突破口になると思います。

好印象を与えるコツは最初にあった


2014.06.09

お見合いパーティーではさわやかに「はじめまして」が基本中の基本。人との第一印象は5秒以内に決まる、とも言われているわ。
失礼のないキチンとした挨拶ができることが成功への第一歩よ。

熾烈な婚活を戦い抜くために


2014.06.01

「忙しくて時間がとれない」「希望する相手がいない」とかで、婚活が自分の思い通りにいかない場合も多いんじゃないかしら。
そんな時は、なぜ結婚したいと考えるようになったのか、最初の頃を思い出してみてね。きっと、強い気持ちを持って、粘り強く婚活に取り組んでいく糧となるはずよ。

タイトルとURLをコピーしました