関東エリア

関東の風景

茨城県 (水戸市

群馬県 (高崎市

栃木県 (宇都宮市

埼玉県 (さいたま市 ・ 川越市 ・ 所沢市 ・ 越谷市 ・ 春日部市

千葉県 (千葉市 ・ 柏市 ・ 市原市

東京都

神奈川県 (横浜市 ・ 茅ヶ崎市 ・ 川崎市 ・ 厚木市 ・ 相模原市 ・ 横須賀市 ・ 藤沢市

テレビや雑誌で話題になっている婚活居酒屋

最近は婚活ブームで色々なイベントが開催されています。パーティーや合コン企画、バーや居酒屋も話題になっています。

居酒屋の女将が占いをしていて、この占いが評判で婚活居酒屋と呼ばれています。テレビや雑誌で話題になり知っている方も多いと思いますが、お店で出会って結婚したカップルもいるので、いつもお店は満員です。

女将に相談しながら相手を探すことも可能です。相性のいい相手を選んでもらえますから、自分で相手を見極める必要もありません。お見合いパーティーとは違い、友達や同僚と飲みに行く感覚で利用できるのも嬉しいと思います。

以前の婚活はかしこまったイメージでしたが、最近はカジュアルです。素のままの自分で接して、フレンドリーに打ち解けることができます。美味しい料理やアルコールも楽しめます。色々なイベントやお見合いパーティーに参加して疲れている方にはこのようなお店もおすすめです。

疲れている方には少し活動をやめて気分転換するのがいいと思います。相手が見つからないからと焦ると逆効果です。また活動をはじめる時には、このようなお店なら気軽に参加できます。

オシャレな方にはバーがおすすめです。事前に希望の相手をエントリーシートに記入して相手を探すことができます。居酒屋もバーも会社帰りに通えるのも便利だと思います。

忙しくて結婚をあきらめている方にもまずは、恋人探しからはじめることができます。取り敢えず異性の友達を探す感覚で通えると思います。

 

男性の年収に固執しすぎると婚活は厳しい

当然といえば当然かもしれませんが、一方でただ漠然と「年収1,000万円希望」とか言っている女性は、果たして本当に家計を理解しているのか疑問に思ってしまいます。どうしてその金額でないといけないのかちゃんと説明できますか?

安定した生活を送るためには年収にこだわる必要は確かにあるのですが、あまり希望を高くもってしまうと自分の首を絞めることになってしまいます。結婚できない年収などありません。

婚活あるあるですが、年収にあまりこだわりを持っていない方から結婚は決まっていく傾向にあることは知っておきましょう。

まずはどのくらいの金額があれば生活が成り立つか知る必要があります。一人暮らしをしている又はした経験のある方だったら簡単なことです。

その上で希望年収を設定するのが順番です。プロフィールに惹かれた男性で年収だけが希望に満たなかった場合は、その足りない部分は自分で補おうという気概が湧いてくるはずです。

それでも年収重視という方は、このご時勢で希望通りの年収のお相手と巡り会える確率は低く、かつ婚活難民に陥るリスクがあるということだけは頭の片隅に置いておいてください。

また、専業主婦のみを希望とすることもあまりおすすめではありません。共働きも厭わないという気構えを持った女性は、男性から魅力的に映ります。

なぜなら年収縛りがないぶん、お相手選びに余裕が生まれるからです。お金に固執している女性はギラギラガツガツして写り、男性は引きます。

さらに年収の高い自営業の男性にも好印象を持たれます。今は事業が順調でも将来何が起こるかわからないのがビジネスです。自立している女性を妻に娶ることで、万が一の際にも安心と頼れる存在に思われるのです。

まずは自分の給料だけでやり繰りして生活費の感性を磨きながら、生計を立てられるようにする、つまり「自立すること」がハイスペック男性に選ばれるための第一歩です。

 

結婚生活についての心構え

結婚後の満足度を男性と女性を比較した場合、男性のほうがより満足度が高い傾向にあります。

料理はもちろん掃除洗濯をこなす女性がいることで男性は安心して外で仕事に集中することができるようになるというのが大きな理由のひとつです。

ですが女性は家政婦さんではありません。女性が家事をやるのが当たり前と思うのではなく、家事について感謝したり、手伝うことも必要です。

一方で女性は家事負担が増えて生活環境ががらりと変わってはしまうものの、男性が安定した収入を稼いでくれるので経済的に安心して暮らすことができるようになります。

ですが男性なのだから家族を養っていくのが当たり前と思うのではなく、労をねぎらってあげたり、時には仕事の悩みや愚痴を聞いてあげることも必要です。

要するに結婚してもお互い尊敬と感謝の気持ちをいつまでも忘れず、足りない部分はお互い補いながら同じ道を進んでいくのが結婚生活なのです。

その気持ちが持てないのであれば例え結婚はできたとしても、長く結婚生活を続けていくのは難しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました