お見合いパーティーで成果を上げる方法とは

この記事は約3分で読めます。

最近はさまざまな場所でお見合いパーティーが開催されるようになり、気軽に参加できるようになってきました。しかし、お見合いパーティーに参加したからと言って必ずしも出会いに繋がるかと言えばそうでもありません。相手に自分をアピールして印象付けなければ意味がないのです。

アピールするための最初の一歩は「身だしなみ」です。初対面の人と会う訳ですから第一印象はとても大事です。地味な洋服、ボサボサの髪ではいくらお見合いパーティーと言えど誰も寄ってきません。

ブランド品で固めたり、華美になる必要はありませんが、清潔感があり、明るい色の洋服やメイクなどで元気で華やかな雰囲気を演出しましょう。

さて次に具体的なパーティー内容に移りますが、一般的なお見合いパーティーでは、前半に男性と女性が向かい合って座り、3~5分程度の時間ごとに席を一つずつずらしていって大勢の人と会話を交わす“回転寿司”から、後半にフリータイムいうスタイルが多く採用されています。

自分がいいなと思った相手とカップルになるためには、当然ですが相手にも自分を選んでもらわなくてはなりません。しかし、前半・後半とも与えられた時間は非常に短時間ですから、自分を選んでもらうためにはやはりどこか工夫をする必要があります。

何度も参加された方ならお分かりかと思いますが、限られた短い時間の中では自己紹介を詳しくしている暇などありません。なにか話そうとしても、時間切れで中途半端に終わってしまうことがほとんどで、言葉を使って自分を印象づけようとするのはとても難しいことなのです。

相手に自分のことを知ってもらいたくて一生懸命話そうとした結果、非常に早口になってしまって、かえって印象を悪くしてしまう場合もあります。

ではどうすればいいのか?

短時間で相手に好印象を残したいと思うのならば、自分から話すのではなくて、相手の話を聞く側にまわるという方法が、実は効果的なのです。

人間は自分の話を一生懸命聞いてくれる人に対して、非常に好感を覚えるのが普通です。相手の目をしっかりと見つめ、笑顔で相槌をうちながら、相手の話に耳を傾けるようにすると、その方は喜んでもっともっと話そうとするものです。

大して内容のない会話に終始してしまっても、初対面なのですから当たり前です。まずは相手に良い印象を残すことが一番大切なことなのです。

好印象を持ってもらうことで他の参加者と差別化を図ることができます。そこからはそのお相手とのフィーリングと、他のライバル参加者の強さで命運が変わってきてしまいますが、このようにお見合いパーティーでは聞き上手に徹するという手も有効だということを覚えておきましょう。

プロフィールカードの重要性

続いてどこのお見合いパーティーでも必ずあるプロフィールカードについてですが、このプロフィールカードは自分の趣味や性格、理想のタイプなどを書き込み、これを元にお相手の方とお話しするものです。従って会話のきっかけとなるようにあまり詳しくは書かないほうがベターです。

例えば、趣味を「旅行」とだけ書いた場合、「これまでどこに行ったことがありますか」や「一番楽しかったのはどこですか」などと会話が広がっていくのです。

お相手が質問しやすいように書く、というのがコツです。このプロフィールカードを持って1対1でお話をする時間が設けられますが、たいてい数分程度です。この数分でお相手にしっかり自分を覚えてもらうことが重要なのです。

ただしプロフィールカードばかりに目を向けないで、しっかりお相手の目を見て笑顔で会話することが一番大事なことですのでご注意ください。

編集者略歴
この記事を書いた人
婚活FP

あねご主任解説員と若葉解説員の上司。優秀な解説員が集めた情報を、ファイナンシャルプランナーとしても活動している編集長がコストパフォーマンスを加味して取りまとめ、公開しています。

婚活FPをフォローする
婚活FPをフォローする
勝利の婚活.com
タイトルとURLをコピーしました